広告代理店の仕事内容ってなに?

広告代理店の仕事

広告代理店の仕事内容を理解するのって難しいです。

っていうか多分ムリです。

なぜなら働いている自分でもよくわからないほど多岐にわたっているから。笑

広告代理店の仕事の領域

無理やりざっくり、一言でいうと

企業のコミュニケーションに関わることすべて

を企画・実施・開発しているのが広告代理店です。

 

  • コミュニケーション開発
  • ターゲット・マーケットリサーチ
  • メディアバイイング・運用
  • コミュニケーションプラットフォームの開発

 

すごく大きく分けるとこんな感じ?

それぞれの領域で、たくさんの専門知識を持ったスタッフが働いています。

 

じゃあ一つづつ簡単に説明しますね。

わかりやすくするために、「CMを作る」場合を想定してみていきます。

詳細については別ページで話していきたいと思います。

広告代理店の仕事ーコミュニケーション開発

広告代理店の仕事

これが、一番簡単に想像できる広告代理店の仕事じゃないでしょうか??

簡単に言うと、

毎日テレビで見るようなCMだったり・電車で目にするような中吊り広告だったり

企業の広告を作っています。

 

で、テレビCMを作るといっても

  • クライアントのマーケティングコミュニケーション戦略を一緒に考える
    その一つの手段としてCMを作る場合

  • クライアントから制作を依頼される
    クライアントがCM制作をすでに決定していて、その企画・制作を依頼される場合

のように分かれたりします。

それぞれの場合で広告代理店の役割は少し違ってきます。

ながた
広告つくるって言ってもいろんなパターンがあるんスね!
しめじ
そゆこと

 

広告代理店の仕事ーターゲット・マーケットリサーチ

Sponsored Link

これは小さい広告代理店だったり、プロジェクトによっては外部の調査会社に依頼することもあります。

じゃあ実際にCM作ります、って言った時に

このCMのターゲットは何歳くらいで、どんなことに興味があって、どんなライフスタイルをしている人なのか

だったり

そもそもこの商品のマーケットはどうなっていて、どんな商品が多くて、何が売れてるのか

などなど、いろいろとリサーチをする必要が出てきます。

 

前者がターゲットリサーチ

後者がマーケットリサーチ

ですね。

しめじ
他にもインサイト開発だったり、コンセプト開発のための調査とか、たくさんあるのよ
ながた
広告ってこんなことまで調べて作られてるんスね

広告代理店の仕事ーメディアバイイング・運用

これは、媒体を取り扱っている広告代理店に限定されますが、特に大手の広告代理店にとってはとても大きな比重を占めている業務領域です。(金額的に)

CMの素材を作ったとしても、それを流すメディアを買っていなかったら宝の持ち腐れですよね。

どの地域、どの時間帯に、どのくらいの量で、どんな流し方で(スポットか提供か)CMを流すのか、

を考えて、実際にテレビ局からその枠を買います。

出稿期間が長い場合は、状況に応じて出稿量の調整を行ったり、

出稿が終わったあとは、実際に予定していた出稿量を確保出来たのか、などの検証を行います。

 

メディアバイイング機能を持っていない広告代理店の場合は、その機能を持っている広告代理店(もしくは媒体社)からメディアを買います。

もしくは、予算に厳しいクライアントの場合は、CM制作は〇〇代理店・メディアは△△代理店、と切り分けます。(中間マージンがかかるからです)

しめじ
おんなじ媒体を買うとしても、広告代理店のパワーバランスによって値段が変わったりするのよ
ながた
えーーーそんなことあるんスか!!

広告代理店の仕事ーコミュニケーションプラットフォームの開発

これは、じゃあCMを作りました、

それを消費者が自由に見れてコメントできるコミュニケーションサイトを作りましょう、

CMを再生したらそのまま商品が買えるサイトに飛ばす仕組みを作りましょう、

実際にCMを再生した人がその後どのような行動をしたかトラッキングデータを集めましょう、

とかとか、今までになかった新しいコミュニケーションの基盤を開発していくことです。

 

例えば、「まとめサイト」というプラットフォームだったり、「お買い物サイト」だったりするわけです。

これは、媒体社や事業会社が開発することが多いですが、広告代理店も開発しています。

ながた
広告代理店てCM作ってるだけじゃなかったんスね
しめじ
そう。なんとなくわかったかな?[